ロンドンでシンプルに暮らす

ロンドンでシンプルに暮らす

シンプルライフとバイリンガル育児とイギリス情報のブログ

イギリスの母の日と義理両親との距離感

今年の母の日は3月6日(日)です。今までなんとなく3月の日曜日だった気はしていましたが、毎年日付が変わるのには気付かなかったな。

 

なぜ日付が変わるのかと言うと、これまた宗教的な行事に由来するらしく、キリスト教徒の断食期間(レントと言うらしい)に入ってから4週目の日曜日が母の日になるそうな。ふむふむ。

 イースターの日付が毎年変わるのは知っていたけど、母の日もイースターの日付によって変わるとは。別に毎年日付を確認しなくても、普通に生活していれば、スーパーに買い物に行ったときなんかに『母の日コーナー』ができているのでわかりますが。バレンタインデーと言い、母の日と言い、商売臭い。(笑)

 

https://www.instagram.com/p/BCfl9YVETKM/

Instagram

 

土曜日に参加した日本語のプレイグループでは、『母の日に大好きなお母さんにカーネーションを作ろう!』の時間がありました。当然、息子は工作には興味がなく、そこら辺を走り回っていましたので、材料だけもらってきて家に帰ってから自分で息子のためにお花を作りましたよ。反対やろ。(笑)

 

来年には私のために作ってくれるかなー。プレイグループに来ていた子供たちは、「お母さん大好きな人、手をあげてー」の先生からの質問にみんな元気よく「はーい」とお返事していました。見ていてすごくほほえましかったです。

 

我が家は義姉が母に花束を贈るというのでそれに便乗させてもらうことにしました。夫は誕生日以外のイベント事には疎くて、あんまり覚えていないみたいです。私は義両親、義姉家族関係のイベント事には基本ノータッチなのでw、夫が忘れていたらそのままです。スミマセン。

 

昔はもっと積極的に関わり合っていた気もしますが、今はもう直接連絡を取ることもないな。いつも夫経由です。これくらいの距離がちょうどいいな、と最近しみじみ思います。今年は久しぶりに1週間一緒にホリデーに行くんですが、今から憂鬱です。(笑) 義両親は普段会えない孫との時間を楽しみにしているみたいですが。どうなることやら。

 

ducklingprivate.hatenablog.com

 

トラコミュ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
トラコミュ
日常の小さなできごとを愛する生活
トラコミュ
海外の写真