ロンドンでシンプルに暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンドンでシンプルに暮らす

シンプルライフとバイリンガル育児とイギリス情報のブログ

「種の起源」ダーウィンがかつて住んでいた豪邸、ダウン・ハウスを訪れる

こんにちは!
ロンドンでシンプルライフを目指しているキミコです。

3月に息子の誕生日のお祝いの一環で週末旅行に行って来ました。その際に訪れた、「種の起源」で有名なチャールズ・ダーウィンとその家族が暮らしていた豪邸を写真と共に紹介します!

外観

3階建てです。写真右下が玄関になっています。

f:id:duckling2012:20160421060707j:plain

 

裏庭から見ると、こんな感じです。合計何部屋あるんだろう?f:id:duckling2012:20160421061025j:plain

 

インテリア

各部屋にはダーウィンの研究や書物が展示してあったり、1800年代当時の暮らしの様子が再現された部屋になっていました。

f:id:duckling2012:20160421061441j:plain

f:id:duckling2012:20160421061506j:plain

f:id:duckling2012:20160421061532j:plain

なんというか、すごく贅沢な家ですね。モノが多くてごちゃごちゃしてますが、これはこれでいい感じだなぁ、と思います。

庭の様子

庭も美しく管理されていました。とにかく広いんです!
こちらの庭は植物を育てていたみたいで、一番奥に小さく見える白い建物は温室になっていました。

f:id:duckling2012:20160421062031j:plain

 

3月だったので、ラッパスイセンの見頃でした。

f:id:duckling2012:20160421062445j:plain

 

庭の横から外に出られるようになっていて、そこからまた小道が続いています。周りはのどかな牧草地です。

f:id:duckling2012:20160421062504j:plain

 

カフェにて

建物内にはカフェがあり、そこでランチを食べました。注文したのはベタなチーズのサンドイッチです。(笑) イギリスではよくあるメニュー。サラダが付いて、4.65ポンド(約750円)。ちなみに紅茶は2ポンド(約320円)です。高いなぁ。でも素朴な味で美味しかった!

f:id:duckling2012:20160421062801j:plain

 

印象に残ったこと

ダーウィン家と妻エマのWedgwood家の家系図。ダーウィン夫婦には10人の子供がいてたそうです。

f:id:duckling2012:20160421063111j:plain

その中で長女のアニーを10歳の時に病気で亡くしていると知りました。そのことがダーウィン夫婦をひどく悲しませたと書かれていました。

私も娘を幼くして亡くしています。この家系図の前で、私はしばし娘のことを思い出し、そしてダーウィンの当時の気持ちにも思いをはせていました。

悲しみは乗り越えれるものではなく、いつまでも私の心の中にあるんですよね。それは時間がどれだけ経っても変わらないのかもしれないです。

所在地と入館料

Home of Charles Darwin - Down House

Luxted Road, Downe, Kent, BR6 7JT

こちらのサイトから車での行き方、公共の乗り物での行き方を検索できます。
電車とバスを乗り継いでも行けますが、やっぱり車があった方が便利です。

入館料金:大人11.10ポンド 子供(5歳~15歳)6.70ポンド
     家族(大人2人+子供3人)28.90ポンド

お出かけ前にこちらのサイトで最新の情報チェック!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

▼参加しているトラコミュ

観光&地域の情報

海外生活

イギリス

 

▼ランキングに参加中。応援クリック、嬉しいです!

 

▼関連記事

www.kimilondon.co.uk

 

▼詳しい自己紹介

はじめましてと自己紹介 - ロンドン発!シンプルライフ&バイリンガル育児