ロンドンでシンプルに暮らす

ロンドンでシンプルに暮らす

シンプルライフとバイリンガル育児とイギリス情報のブログ

アロットメントの選定とミントテロとジャパニーズノットウィードのこと。

借りれる予定になったアロットメント(レンタル畑)を実際に見学してきました。

 

メールでは「二つあるプロットの中から選べるよ」と言われましたが、実際には三つ候補がありました。

 

予想してたより広くて、作業が大変そうです。管理人のベルギー人の男性にも、「時間はあるのか?」と聞かれました。やっぱりちょこちょこと来て、少しずつ作業することが続けていくコツみたいです。

 

【関連記事】

ついにこの日がやって来た!アロットメントを借りれるようになりました。

 

プロットNo.1

最初に見せてもらった、一番奥手にあるプロット。三段階に分かれていて、かなりの斜面でした。

 

そして、すごい雑草だらけ(笑)。地面が見えない。何年も使われていなかったと思います。

 

f:id:duckling2012:20171015140714j:plain

 

立派なローズマリーがはえていました。

 

f:id:duckling2012:20171015140749j:plain

 

奥の方にあるので静かでいいけど、斜面なのとあまりにも草がはえすぎてるのがネック。畑にするまでに時間がかかるぞ。

 

管理人も言ってたけど、土壌はいいそうです。あとでネットで調べたら、「草がはえてるのは良い土の証拠」とのことでした。

 

プロットNo.2

二つ目は、一番入り口に近いところ。平坦で、周りの畑もきちんと手入れされているところが多かったです。

 

トウモロコシは枯れていましたが、コスモスが大量にはえていました。

 

f:id:duckling2012:20171015141010j:plain

 

写真中央に見える小屋(Shed)が付いてくるそうです。これはポイント大きい。

 

f:id:duckling2012:20171015141018j:plain

 

あと、前に使ってた人が、コンポストの入れ物とお水のタンクも置いていってくれるかもしれないとのこと。

 

立地はちょっと不満だけど、小屋が付いてくるのは大きい。道具をしまったりできるし、息子の隠れ家にもなります^^

 

プロットNo.3

最後に見せてくれたのは、No.1とNo.2の真ん中にあるプロット。少し傾斜があったけど、見晴らしは一番いい。

 

f:id:duckling2012:20171015141212j:plain

 

畑も木で区切られてるので、やりやすそうです。息子のミニ畑を作ってあげたら、土いじりをして遊べます。

 

どれにしよう…

家に帰って、さっそく夫に報告したら「二つ目のプロットがいい。小屋は絶対必要だから」とのことでした。

 

色々とアドバイスをくれましたが、実際に手伝ってくれないし、口だけ出してくるので最後の方はちょっとムカつきました(笑)。そのくせ、「ミツバチを飼いたい」とか言い出すので、かなり訳がわかりません。

 

自分でネットで調べてみると道具を保管するなら小屋でなくても小さな「物置」っぽいものでもいいみたい。それならそれほど値段も高くないし、私でも組み立てられそう。

 

ということで、私は最後に見せてもらったプロットNo.3がいいなと思っています。まだ少しNo.2と迷っているところがあるので、管理人さんに小屋を設置してもいいのかを確認して、最後にもう一度見てから決めたいと思います。

 

余談です

前回のブログ記事に「ミントを植えたい」と書いたんですが、それを読んでくれたロンドン在住の友達が、「ミントは危険!」と教えてくれました。

 

繁殖力が半端なく、「ミントテロ」にあうそうです(笑)。危ない、危ない。

 

テロと言えば、イギリスでは、「Japanese knotweed(ジャパニーズノットウィード)」という植物が恐ろしく嫌われていて、こいつが庭にはえていると家を売りたくても売れなかったり、庭にはえている家は買いたくてもローンを組めなかったりするそう。

 

日本語では、「イタドリ」と言います。画像を見てみると、スカンポやん。

 

f:id:duckling2012:20171017230916j:plain

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%89%E3%83%AA

 

子供の頃、おやつ代わりに食べてましたよ(笑)。

 

応援クリック、更新の励みになります♪

↓↓↓