ロンドンでシンプルに暮らす

ロンドンでシンプルに暮らす

シンプルライフとバイリンガル育児とイギリス情報のブログ

【断捨離】冷えとり靴下を処分したけど、まだ続けたい理由。

12月になりましたね。クリスマスが近づいてきたこともあり、気持ちばかりが焦ります。今日は日本にいる甥っ子たちに贈るプレゼントのラッピングをしていました。

 

我が家の息子にも(夫という)サンタクロースからプレゼントが続々と届いています。

 

f:id:duckling2012:20171202140817j:plain

 

今の時点で、5個。どんだけスポイルされてるんだか。私のクローゼットがいっぱいいっぱいです。ラッピングするのも大変。

 

クリスマスには確実に家の中にモノが増えるので、その前に少しでもモノを減らそうと断捨離しました。

 

断捨離:息子のモノ

かわいくて私は好きなんだけど、息子には見向きもされない(涙)、パフィンのぬいぐるみ。ママ友の娘さんが気に入ってくれたので、お嫁にいきました。

 

f:id:duckling2012:20171117083817j:plain

 

息子の年齢(3歳9ヶ月)に合わない英語の絵本も少しですが、処分。

 

f:id:duckling2012:20171202144241j:plain

 

ちなみに、エリック・カールで息子が大好きな本は、「はらぺこあおむし」ではなく、こちら。

 

 

【送料無料】1、2、3どうぶつえんへ 【エリックカール】 

 

字がない絵本なので、私は「読む」のに困るんですが、絵もカラフルで見ていて元気がでる絵本です。今日も寝る前の読み聞かせはこの本を選んでいました(笑)。

 

話を戻して、断捨離。ついでに、小さくなったズボンも2本処分です。

 

f:id:duckling2012:20171202135101j:plain

 

断捨離:私の靴下

昔は割と熱心に冷えとり靴下を履いていました。去年あたりから、冬限定になって、今年はまだ数えるほどしか履いていません。理由はなんとなくわかっていましたが、洗濯し過ぎた絹の靴下の履き心地が良くないこと。

 

イギリスでは絹の5本指の靴下が買えないので仕方ない。履き心地悪い靴下をわざわざ履くことはないかと思って、いっそのこと靴下の重ね履きをやめようかと思いました。

 

でも、イギリスの冬を乗り越えるには冷えとりが目的よりも、「防寒」の面で、靴下の重ね履きがすごくいいんですよね。

 

なので、もう「冷えとり」はスルーして、防寒目的に靴下を重ね履きすることにしました。マイルールで、絹の靴下は使わないことにしたので、処分です。

 

f:id:duckling2012:20171202134902j:plain

 

絹なので、使い捨ての布ナプキンにします。

 

今後は、コットンとウールの重ね履きで、冬の寒さを乗り切ります!

 

お気に入りの靴下

靴下つながりで、もう少し。私が寝るときに履いている靴下です。奈良県にある「シルクふぁみりぃ」という会社の、その名も「アルパカ足湯靴下」。

 

f:id:duckling2012:20171202134926j:plain

 

これがほんとに暖かくて、寝付くまでに履いているんですが、すぐにつま先まで温まります。アルパカ、すごい!

 


 

 

断捨離:長袖Tシャツ

春とか初夏によく着ていたもの。すごくお気に入りだったので、来年も着ようかと思っていましたが、冬は着る機会がなく、なんだか急に処分してもいい気がしてきました。

 

f:id:duckling2012:20171202135707j:plain

 

しわくちゃやん(笑)。着倒したので、よしとします!また次のシーズンに新しい洋服を買うのも楽しみです。

 

おわりに

週末のお一人様の時間を利用しての、ちょこっと整理でした。最近あまり断捨離するものがないんですが、探せばまだまだ出てきますね。

 

ちょっとでも家の中から「使っていないモノ」を処分すると、気分的にもすっきりして、もっとがんばろうという気になります。好循環です!

 

年末に向けて、コツコツと「不要なモノ減らし」、やっていきます! 

 

断捨離の参考になる、こちらの記事もどうぞ。

私の断捨離のバイブル本【捨てられずにいる不用品の「捨てどき」がわかる本】

 

一日一回の 応援クリック、更新の励みになります♪

↓↓↓