ロンドンでシンプルに暮らす

ロンドンでシンプルに暮らす

シンプルライフとバイリンガル育児とイギリス情報のブログ

十二月のうた

年末ってどうしてこんなにバタバタするんでしょう?今日は冬至です。

 

イギリスで生活しているとあまり気にすることがないのですが、ヨガの先生が先週、「来週の金曜日はShortest day, longest nightです」と言っていて、はっと気が付きました。

 

また別の先生は、「本来ならこの寒い冬の時期には、洞窟にでもこもって一人でいたいくらいなのに、パーティーやら忘年会やら、クリスマスショッピングやらで出かけないといけない(のはおかしいね)」とも。

 

f:id:duckling2012:20181209142745j:plain

 

毎日やることリストに追われている私に、色んなところからメッセージが届きます(笑)。

 

童話館ぶっくくらぶ通信より

 

息子のために毎月日本から絵本を取り寄せています。

 

毎月2冊の絵本を自宅に。「童話館ぶっくくらぶ」に入会しました! - ロンドンでシンプルに暮らす

 

絵本と一緒に送られてくる冊子があるのですが、そこに載っていた詩がかなり心に刺さったので紹介します。

 

十二月のうた

 

熊はもう眠りました

栗鼠(りす)もうつらうつら

土も樹木も

大きな休息に入りました

 

ふっと

思い出したように

声のない 子守唄

それは粉雪 ぼたん雪

 

師も走る

などと言って

人間だけが息つくひまなく

動きまわり

 

忙しさとひきかえに

大切なものを

ぼとぼとと 落してゆきます

 

(茨木のり子/詩 「おんなのことば」 童話屋より)

 

クリスマスはゆっくりとした時間を

 

息子が通っている学校は今日が最終日で12時まで。今日は制服ではなく、クリスマスジャンパーを着て行ってもいいことになっていて、彼はとても楽しみにしています。

 

授業はなく、パーティーをして終わりらしいです(笑)。さらに追い打ちをかけるように、学校終了後に「ケーキセール」なるものがあり、保護者の手作りケーキが販売されます。

 

学校の冬休みに合わせて、私も2週間の休暇に入るわけですが、休めるときにゆっくりと休みたい!

 

「大切なもの」を最優先にします。

 

ブログ読者の皆様も素敵なクリスマスをお迎えください!