ロンドンでシンプルに暮らす

ロンドンでシンプルに暮らす

シンプルライフとバイリンガル育児とイギリス情報のブログ

【5日目】すっごくキレイだけど何にもないビーチと、サボテン公園で一休み。~ランサローテ島旅行記~

ランサローテ島旅行記、5日目は、私がいちばん好きだった(そして、それ故に2度訪れた)、すっごくキレイなビーチとサボテン公園(Jardin de Cactus)です。

 

透明の海とキレイなビーチがあれば、一日中ぼーっとしていたいですね。

 

でも、あまりにも何もなさ過ぎて(ビーチパラソルやらトイレやらお店やら)、割とすぐに退散したのでした(笑)。

 

【1&2日目】ランサローテ島のこと。白い街並みと溶岩と透明な海。

 

【3日目】火山のティマンファヤ国立公園とラクダ。そしてワイナリー巡り。~ランサローテ島旅行記~

 

【4日目】またもや息をのむ風景に出会う。マンリケによって設計された洞窟アート。~ランサローテ島旅行記~

 

Orzola近くのローカルビーチ

「ランサローテ島、最北の街Orzolaの約1㎞手前に、地元民に人気のキレイなビーチがある」と、レンタルした家のオーナーの観光案内にあったので、行ってみました。

 

「ビーチの入り口にはサインがないから、私たちはいつも通り越して、結局OrzolaでUターンすることになる」

 

とも書いていたので、慎重にドライブ。でも、結局Orzolaまで行ってUターンに(笑)。

 

さすがは、地元民が愛するビーチだけあって、めっちゃキレイでした!

 

f:id:duckling2012:20170426095524j:plain

 

朝に訪れたので、人もほとんどいません。魚も泳いでますよ。熱帯魚じゃないのが残念。

 

f:id:duckling2012:20170426095730j:plain

 

ビーチから国道沿いを眺めると、相変わらずの風景。息子は砂浜大好き、走る走る。

 

f:id:duckling2012:20170426095839j:plain

 

潮が満ちるスピードが予想以上に速くて、上の写真の砂浜もあっという間に海水で満たされてしまいました。

 

のんびりと水に入ってちゃぷちゃぷ遊んでたら、危うく荷物がつかりそうになって焦った!

 

それにしても、ほんとうにビーチと海以外に何もないので、さっさと持参したランチを食べて、次の観光地へ。

 

私はすっごくここが気に入ったので、後日息子と2人で再度訪れました!

 

サボテン公園(Jardin de Cactus)

ランサローテ島出身の芸術家(建築家)マンリケが手掛けた、サボテン公園です。私はあまり乗り気ではなかったけど、夫が「サボテンが好き」というので(←初耳)、行ってきました。

 

入り口でチケット(大人5.50ユーロ)払って入って行くと、いきなり色んな種類のサボテンが目に入ってきました。

 

f:id:duckling2012:20170426133233j:plain

 

世界中から1000種類以上のサボテンを集めて造られた、このサボテン公園、昔は採石場だったようです。

 

サボテンの花も満開。

 

f:id:duckling2012:20170426133735j:plain

 

なんだか、イソギンチャクみたいなのも。

 

f:id:duckling2012:20170426135219j:plain

 

背の高いサボテンがにょろっと生えていました。

 

f:id:duckling2012:20170426135621j:plain

 

 

周りの風景は相変わらず殺風景です。

 

f:id:duckling2012:20170426133833j:plain

 

この日もすごく日差しが強かったので、サボテン公園内のカフェで休憩。それにしてもコーヒーが美味しい。

 

f:id:duckling2012:20170426140857j:plain

 

「お腹すいたー」という息子と夫は、ジャガイモ入りのオムレツ(トルティーヤ)も注文。

 

f:id:duckling2012:20170426141052j:plain

 

ちょっと味見したけど、これも美味しかったです。お料理が美味しい国、最高!(もちろん、一番は日本。)

 

サボテン公園、1時間もあれば十分でした。サボテン・マニアにはパラダイス?!私はテキーラの材料がサボテンだということを、初めて知りました!

 

駐車場でプチアクシデント

この旅行中、車の運転はずっと夫だったのですが(私は運転好きだけど、マニュアル車を運転できないので)、夫はあまり運転が上手じゃないんですよね(笑)。

 

で、駐車場から車を出そうとバックしている時に、隣の車に「ぼんっ」と当たったんですよ… 周りの人たちにもじろっと見られました。

 

急いで車を降りて確認。でも、傷がついている様子はない。ぶつけた車もさっと見たけど大丈夫そう。

 

でも急いでその場を去りました。すみません。

 

ラッキーだったんでしょうかね?実は、もう一回車をこすってしまったのですが、こちらもレンタカー返却の際にスルーされました。

 

というか、レンタカー(Renault:ルノー)がもともと結構傷だらけだったので、新たに傷がついてても、わからなかったのかもしれません(笑)。

 

次回は、6日目、カナリア諸島で一番小さな島「La Graciosa」を訪れたお話です。

 

www.kimilondon.co.uk

 応援クリック、更新の励みになります♪

↓↓↓