ロンドンでシンプルに暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンドンでシンプルに暮らす

シンプルライフとバイリンガル育児とイギリス情報のブログ

【公開】カンケンバックのレビュー&リュックの中身を公開します!

シンプルライフ シンプルライフ-持ち物

以前使っていたマザーズバックをカンケンバックに買い替えて2ヶ月経ちました。使い心地が抜群にいいので、すごく気に入っています。 買ってよかった!

今日はカンケンバックのレビュー記事です。

 

 

カンケンバックに決めたわけ

 

かれこれ1年以上前になりますが、とにかくロンドンの街中や近所の駅前やプレイグループなどでカンケンバックをよく見かけるようになりました。

最初はあまり気に留めていなかったのですが、あまりにもよく見るので「あのカバンは何者?」とすごく気になり始めたのです。

カンケンって色のバリエーションも多くて、黄色とかピンクなどの派手な色を持っている人も多くて、だから余計に目立ったのかもしれません。

しかも女性だけでなく男性でも使ってる人が多かったんですよね。みんな使い込んでいる様子だったので、けっこう長持ちするのかなぁ、と思っていました。

たくさんの人が使ってるならきっと良質なリュックなんやろうな。

男女とも使えるから、夫にも使ってもらえるな。

デザインがかわいいし、シンプルやから服を選ばず使えそうやな。


そして、マザーズバックを買い替えようと思ったタイミングで、「カンケンを買おう!」と決心しました。

【関連記事】【カバンの断捨離】2つのリュックを手放しました。リュックにサブはいらない!

 

私のカンケンバック Kanken Classic

 

そんなわけで、初めてカンケンを買うなら、と一番人気で一番使い勝手がよさそうなベーシックモデルに決めました。

色は本体が黒で持ち手がOx Redです。リュックは黒と決めているので迷わなかったですが、真っ黒だとちょっと寂しいので持ち手だけ赤にしました。

サイズは高さ38㎝ x 幅27cm x 奥行き13cm、容量が16L。そして重量が300gとすごく軽いのです(ウェブサイトより)。

両サイドに水筒が入るポケット、前面にはファスナー付きの小さなポケットがあります。

 

f:id:duckling2012:20160812093108j:plain

 

後ろから見るとこんな感じです。ストラップは短くしてボタンで留めると手持ちカバンとしても使えますが、私はリュックメインなのでこのように長いまま。

 

f:id:duckling2012:20160812093447j:plain

 

前に使っていたマザーズバッグが「自立しなかった」ので、そのままでもシャキっと立ってくれるのが嬉しい。

 

f:id:duckling2012:20160812093406j:plain

 

メインのファスナーが下の方まで開きます。私は立てたままの状態で、上のほうだけ開けて使うことがほとんどです。

 

f:id:duckling2012:20160812093315j:plain

 

背面は背中を保護するためのパット(安っぽいですが・笑)が入っていて、サポートにもなっています(上の写真の灰色のやつ)。このパットを取り除けばポケットになりますが、私はサポート優先なのでそのままです。

先日訪れたスコットランド旅行の際にも持っていきました。ちょっとしたハイキングだったらこの大きさで充分でした。

f:id:duckling2012:20160731084524j:plain



バッグの中身

 

見た目より意外に入ります!普段のカバンの中身です。

f:id:duckling2012:20160812094450j:plain

 

(上段)

  • 水筒 2つ
  • 息子の着替え一式
  • レメディーなどの手当ての薬入れポーチ
  • 買い物袋

 

(中段)

  • オムツ2枚
  • 使用後のオムツのためのビニール袋
  • 使い捨てのオムツ替えマット
  • ウェットワイプ

 

(下段)

  • 色付きリップ
  • 手鏡
  • ティッシュ
  • 財布(財布の下に家の鍵があります)
  • タオル
  • 息子のおやつ

 

息子のモノばかりですね(笑)。スマホと定期入れはズボンのポケットに入れているので、写真には写っていません。

バックの中が分かれていないので、息子のリュックをバッグ・イン・バッグとして使用。出かける際には2歳半の息子に背負わせますが、まだお出かけの間中ずっと背負っているのは無理みたい。

 

f:id:duckling2012:20160826071529j:plain

 

さらに、日によってはバナナ2本・リンゴ1個をおやつとして加えたり、一番底にお弁当箱を入れて出かけたりもします。特別なお出かけの日には、私の一眼レフも仲間入り。

今のところ、16Lの容量で満足です。

 

唯一、気になる点

 

2ヶ月使用してみて唯一気になる点は、ストラップが細いこと。特に重いもの(一眼レフなど)を入れて出かけるときには肩が疲れる時があります。

ただ、それはTシャツなどの薄い生地の服の場合に気になるだけで、パーカーを着てリュックを背負っている時はさほど気にならなかったです。

別売りでストラップを補強するパットもありますが、今のところなくても大丈夫かな。お店で売っているのを見かけてよさそうなら買うかもしれません。

 

オマケ


カンケンはスゥエーデンのブランドですが、うちの隣にスゥエーデン人の男性(アラフォー?)が住んでいます。

先日、家の近所で会った時に私のカンケンを見て懐かしがっていました。彼が小学生の時に使っていたカンケンがまだ実家にあるらしいので、それだけ長持ちするってことなんだな、と話を聞いていて感心しました。

本場スゥエーデンでは日本のランドセルのように小学校の子がスクールバックとして使っているそうです。全員が全員ではなく(=強制ではない)、選ぶ子はカンケンを選んでた、という感じみたい。

最後に


イギリス人の夫は同じリュックサックを6年くらい使っています。私はリュックに関していは飽きっぽいので1年くらいのサイクルで買い替えていますが、このカンケンはずっと使い続けていける予感。

今でも外を歩けば、カンケンを使っている人を見かけない日はありません。それくらいロンドンでも流行っています!

先日見かけた年配の女性もすごく自然にカンケンを背負って電車に乗っていたので、私も年齢を重ねてもカンケンの似合う女でありたい!と密かに思ったのでした(笑)。

以上、カンケンバックのレビューでした!

 

 

私のお気に入りのアイテムです♪

www.kimilondon.co.uk

www.kimilondon.co.uk

www.kimilondon.co.uk

www.kimilondon.co.uk

www.kimilondon.co.uk