ロンドンでシンプルに暮らす

ロンドンでシンプルに暮らす

シンプルライフとバイリンガル育児とイギリス情報のブログ

【世界遺産】これぞイギリスの庭園!キューガーデンを訪れました。

7月末に、3歳5ヶ月の息子と一緒に、キューガーデン(Kew Gardens)に行ってきました。

 

キューガーデン(Kew Gardens)はイギリスの首都ロンドン南西部のキューにある王立植物園。キュー植物園などとも呼ばれる。1759年に宮殿併設の庭園として始まり、今では世界で最も有名な植物園として膨大な資料を有している。2003年にユネスコ世界遺産に登録された。新種の発見などに貢献している。(Wikipediaより引用)

 

前回訪れたのは、たぶんもう10年近く前なので、観光客気分で行ってきましたよ。ウェブサイトには、「ロンドン市内から電車で30分」とあり、実際にそうなんですが、うちからは2時間近くかかってしまいました。

 

キューガーデンへの行き方

地下鉄ディストリクト線のKew Garden駅を降りて、ひたすらまっすぐ10分弱歩くと到着です。駅から近いのがいいですね。

 

f:id:duckling2012:20170731105146j:plain

 

道中は、高級住宅街を抜けて行くので、駐車場にはフェラーリやマセラティなんかが停まってます。車好きな息子は大興奮!でした。行き道だけでも楽しめた(笑)。

 

入場料は、大人15ポンド。3歳の息子は無料でしたが、4歳から子供料金(ネット事前購入で2.50ポンド)です。

 

パーム・ハウス

受付でもらった地図を見ると、めっちゃ広い!

 

f:id:duckling2012:20170809163522j:plain

 

とても1日ではまわれません。今回の目的の、「The Hive(ハチの巣)」のオブジェを目指して、入り口を入って右方向に進んで行くと、温室発見。

 

お庭もいかにもイギリスって感じに手入れされています。

 

f:id:duckling2012:20170731105901j:plain

 

温室の中に入るなり息子が「暑い~」。確かに蒸し暑くて、まるで日本の夏みたいでした。冬にまた来たい(笑)。

 

下の写真はバナナの木です。まだ青かった。

 

f:id:duckling2012:20170731110355j:plain

 

温室の中には階段があって、上方から眺めることもできました。

 

f:id:duckling2012:20170731111012j:plain

 

裏側から外に出ると、バラ園でした。ちょっとバラには遅かったみたい。

 

f:id:duckling2012:20170731112038j:plain

 

バラって種類によって香りが違うって知ってました?私は今まで花を眺めるだけでしたが、バラの香りを嗅ぐのも好きです。

 

春から夏にかけてが一番きれいなお庭が見れるのかな。

 

f:id:duckling2012:20170731112230j:plain

 

The Hive

温室を出て、「Great Broad Walk Borders」と呼ばれる、両サイドが花壇になった、全長320メートルの道をのんびりお散歩。

 

f:id:duckling2012:20170812044140j:plain

 

 この道の終わりかけを右に入ったところにHive発見!

 

f:id:duckling2012:20170731114458j:plain

 

アルミニウムでできているそうです。中に入って上を見上げても幻想的。

 

f:id:duckling2012:20170731114646j:plain

 

床は曇りガラスだけど、透けてるよ。下からも見上げれるようになってるんです。こんな日に限って、スカートの私。大失敗でした(笑)。

 

f:id:duckling2012:20170731114650j:plain

 

見る方向に寄っては、竜巻みたいです。

 

f:id:duckling2012:20170731114823j:plain

 

なかなかユニークでした。もっと中でぼーっとしたかったけど、息子はあんまり好きじゃなかったみたい(涙)。すぐにまたお散歩に戻りました。

 

普段できない、木登りをしてみたり。

 

f:id:duckling2012:20170731123506j:plain

 

色んな植物が生えています。巨大なユーカリの木もありました。

 

f:id:duckling2012:20170731115203j:plain

 

ハスの花も咲いていました。

 

f:id:duckling2012:20170731115600j:plain

 

サボテンだけの温室もささっと見れた。

 

f:id:duckling2012:20170731120009j:plain

 

 素敵な外観のカフェ・レストランもあります。ここはすごく混んでた。

 

f:id:duckling2012:20170731124906j:plain

 

お天気が良かったので、息子とアイスクリームを食べたんですが、注文する時に、「ストロベリーアイスクリームください」と言ったのに、

 

「マンゴー?それともレモン?」と聞かれて、一瞬訳わからず。「ストロベリー!!!」と言い直すと、「あ、ストロベリーね」って。

 

私の英語、そこまでひどくないでしょ?(笑)

 

それにしても、よく歩いた1日でした。

 

もっと見どころたくさん

思ってた以上によかったので、年間パス購入も考えましたが、なんせ、遠すぎる。行きは良くても、帰りが大変かなー、と思い直しました。

 

年4回、四季を感じるために再訪するぐらいでいいのかもしれません。

 

次に訪れるなら、「Treetop Walkway」を見に行きたい。高いのあまり好きじゃないけど、気持ちよさそう。

 

f:id:duckling2012:20170812050313j:plain

 

他にも、日本庭園があったり、大きな栗の木があって栗拾いもできるそう。また秋に訪れると、紅葉もキレイそうですね!

 

Kew Gardensの公式サイト

https://www.kew.org/

 

英語ですが、写真を眺めるだけでも楽しめますよ!

 

スコットランドの世界遺産、こちらの記事もどうぞ。

【世界遺産】スコットランドの村ニュー・ラナークで、産業革命の歴史に触れた一日。

 

応援クリック、更新の励みになります♪

↓↓↓