ロンドンでシンプルに暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンドンでシンプルに暮らす

シンプルライフとバイリンガル育児とイギリス情報のブログ

【1&2日目】ランサローテ島のこと。白い街並みと溶岩と透明な海。

4月末に、私たち夫婦の40才のお誕生日を祝うためにランサローテ島へ行ってきました。

 

日本ではあまり馴染みのない島ですが(私も初めて聞いた)、イギリス人にはバカンス先として結構有名です。

 

イベリア半島から南西に1,000 km、アフリカ大陸の北西より大西洋沖125kmに位置するカナリア諸島を構成する島のひとつである。(ウィキペディアより引用)

 

地図で見るとここらへん。

 

 

モロッコの横です。スペイン領なので、人々は陽気、ごはん美味しい、話されてる言語はスペイン語でした。

 

なんでこの島を選んだかというと、4月末でも平均気温が25℃前後で、ビーチに行ける気候だったから!

 

そして、イギリスから直行便が出ていて、4時間弱で行けるから!

 

毎日曇りで寒いイギリスの気候にうんざりしていました(笑)。

 

出発日、前日

「土曜日出発、土曜日帰国」という典型的なホリデーパターンで、全部で7泊8日の予定でしたが、飛行機が早朝6時40分発、ということで、直前で空港(ガトウィック)に直結しているホテルに泊まることにしました。

 

大人はオッケーだけど、3歳の息子に早朝移動はきついかな、と。

 

Premier Innというチェーンのホテルに泊まりましたが、一泊一室76ポンドだったので、お得でした(朝食はなし)。

 

窓から飛行機が見えたので、息子が大喜び。で、興奮して、夜、寝ず(笑)。翌朝は5時前に起きないといけなかったので、ホテルに泊まったけど結構きつかったです。

 

私が一番びっくりしたのは、このホテル、チェックイン&アウトが機械のみの対応だったこと!

 

メールで送られてきた番号を入力したり、支払いに使ったクレジットカードを差し込んだりして、チェックインできました。

 

f:id:duckling2012:20170421200401j:plain

 

人件費削減?その割には周りに結構スタッフいてたんですけどね(笑)。

 

前置きが長くなりましたが、4時間弱のフライトを経て、無事ランサローテ島に到着です。

 

1日目、2日目は移動の疲れもあり、のんびりと家で過ごしたり、近所を散歩したり、近隣の街へ買い出しに出かけたりしていました。

 

Casa Mila

空港でレンタカーを借りて、島の北部にあるPunta Mujeresを目指しました。ここにある3ベッドルームでプール付きの家(Casa Mila)をレンタルしました。

 

海岸沿いの道路から家を見たところ(裏側)。

 

f:id:duckling2012:20170423174410j:plain

 

家族3人にはデカすぎますが、夫の強い希望でここに決めました。プールがもう最高!

 

f:id:duckling2012:20170517133250j:plain

 

午後は、ほぼ毎日泳いでいました。息子も大喜びだったので、いい選択だったと思います。

 

街並み

レンタルした家もそうですが、ランサローテ島の家はほぼ全て四角でした。

 

そして、壁が白。

 

f:id:duckling2012:20170423174645j:plain

 

あとで調べてみて知ったんですが、この島出身の有名な芸術家のマンリケの働きによるそうです。

 

景観を守るために厳しい規制をしいたんだとか。家の壁が白いと汚れが目立つので、みんなより一層そうじに力をいれますね?住人は大変そう~(笑)。

 

景色が異質だった

18世紀の大規模な火山活動によって溶岩台地と300以上のクレーターが見られる典型的な火山島(ウィキペディアより引用)

とあるように、景色が今までに見たことないものでした。

 

山にも木が生えてないし、地面にも木が生えてない。ものすごい規模の噴火だったんだと想像できる、溶岩の量。

 

f:id:duckling2012:20170422133715j:plain

 

イギリスはけっこう緑豊かなので、こういう景色ばっかり見ていると、最初は感動していいけど、最後の方は寂しい気持ちになってきました。

 

f:id:duckling2012:20170422133844j:plain

 

住むなら緑豊かな土地がいい、と改めて思いました。

 

海は最高にキレイ!

海のない奈良県で育った私としては、海があるだけでもすっごくドキドキするんですが、それが透明ならなおさらです。

 

f:id:duckling2012:20170424181716j:plain

 

毎日夕ご飯を食べ終わってから海沿いを散歩。家の近くにはビーチはなく(溶岩だらけなので)、それが残念だったけど、透明の海を見ながら風に吹かれているだけですごく癒されました!

 

最終日の散歩のときには、海にかかる虹も見れた。

 

f:id:duckling2012:20170428175258j:plain

 

明日からは、ランサローテ島の観光について書いていきますね。お楽しみに!

 

【関連記事】

www.kimilondon.co.uk

応援クリック、更新の励みになります♪

↓↓↓