ロンドンでシンプルに暮らす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンドンでシンプルに暮らす

シンプルライフとバイリンガル育児とイギリス情報のブログ

【2歳11か月】 卒乳?断乳?やっと母乳育児に終止符

育児 育児-2歳

タイトル通り、息子3歳を目前にやっとおっぱいを卒業しました!

寝る前にだけ授乳を必要とする息子。授乳なしでは寝ることができない・・・ 必然的に寝かしつけは私の仕事です。たまの夜に友達とお出かけ、なんてこともできず。

理想は「卒乳」でした。

「自然卒乳」は赤ちゃんが大きくなって、自らおっぱいを必要としなくなるときがくるので、そこまで待ちましょう、と言う考え方です。
卒乳―おっぱいはいつまで (母乳育児シリーズ)より抜粋

 ところが、いつまで経ってもやめる気配なし。夜中にも、日にもよりますが、起きること数回。私もかなり疲れてきていました。

夫とも相談の上、誕生日の1ヶ月前の金曜日の夜から断乳しようということになりました。

 

事前準備

私は、息子の3歳の誕生日の日から断乳したいと思っていましたが、夫が「それじゃ、せっかくの誕生日なのに息子がかわいそう」と言ってきたので、それもそうか、と思い直し、誕生日の1ヶ月前になったのです。

年が明けてから、息子には毎日「もうすぐ3歳になるから、おっぱいはやめようね」と言い聞かせていました。

息子は「はーい」、「もうおっぱいおしまい」と言いながらも、全然やめる気配なし。ほんとに大丈夫かな、と思いつつ、当日を迎えます。

 

当日(1日目)の夜

一緒にお風呂に入ったときに、お風呂の中で飲んだのが最後。「もうこれで最後やでー」と言いましたが・・・

いざ寝るときにはやっぱり、「飲む~」と号泣でした。「でももうおしまいやろ?」「今までいっぱい飲んだやろ?」となだめること10分ほど。

やっと泣き止んでくれて、あきらめたのか、「背中、トントンして」と向こうを向いて寝る体制に入ってくれました。

1時間くらい泣かれるのかと思っていたので、意外にすんなりいって、一安心。

でも、夜中の12時頃に一度起きた時はまた「おっぱい飲む~」と泣き始めたので、また背中トントンしつつなだめていたら、寝てくれました。

 

2日目の夜

念のため、お風呂は息子一人で入らせました。我が家はユニットバスなので、私は服を着たまま見守っていただけです。

ベッドに行くと、またやっぱり「おっぱい飲む~」が始まりました。「もう昨日でおしまいやったやろ」と返事すると、「おっぱい、もうおしまい」と言って、背中を向けて寝る体制に!

またグズグズが始まると思っていたので、私が拍子抜けです。

その後、夜中に起きた時ももうおっぱいを欲しがることはありませんでした。無事、終了でいいのかな?

 

3日目の夜

もう大丈夫だと安心して、お風呂に一緒に入ったんですが、やっぱり見てしまうと思い出すようで、また「飲む~」が始まってしまいました。

本当に飲まれそうになったので、思わず「もうアカン!」と叫んでしまい、息子を驚かせてしまって反省。

息子はすぐに「おっぱいもうおしまい」と言って、理解してくれたようですが、お風呂に一緒に入るのはもうしばらくあとにしておいたらよかったと思いました。

 

4日目以降

寝る前のおっぱいはもう必要とせず、寝る前は一緒に本を読んだり、お気に入りのネコのぬいぐるみで遊んだり、話をしながら30分~40分くらい過ごします。

自分の寝る準備が整うと、私に背中を向けて「背中トントンして」とお願いしてきます。

授乳なしで寝れる日が来るとは夢にも思いませんでした。でも、もう今は大丈夫です。

ただ、やっぱり寂しいのか、以前より私にくっついてくるようになりました。「ママがいい」の頻度が増えた気がします。

そして、ほぼ使っていなかったバギーに再び乗りたがるようになりました。

一種の赤ちゃん返り?

 

これからの課題

おっぱいは卒業したけど、寝かしつけはママじゃないとダメ。これを、ダディーでも大丈夫なようにするのが次の課題です。

というのも、3月末に「私抜き」で2泊旅行を計画しているから。大丈夫かなぁ?

 

参考にした本

夫は、1年前の2歳になる前には断乳した方がいいと言っていましたが、私が「卒乳」にこだわっていたので今になりました。

去年の時点では、「3歳になるまでにはもう飲まなくなるやろ」と気軽に考えていましたが、実際は3歳になるのにやめる気配なし(笑)。

今回、1年前に購入したこちらの本を読んで復習。「断乳しなくてはならないとき」「早く離したいと思うのは逆効果」「断乳ではないやめかたがありますか」など、参考になる箇所がたくさんありました。

 

卒乳―おっぱいはいつまで (母乳育児シリーズ)

卒乳―おっぱいはいつまで (母乳育児シリーズ)

 

 

私にはもう必要ないので、ママ友に譲ります。1アイテム、断捨離できました!

 

最後に

ほぼ3年続けてきた母乳育児。意外にあっさり終わったので、私の方が少し寂しい気もします。

でも「やっと終わった!」という開放感もあり。ということは、もう十分だったんでしょうね。

長く続けてきただけあって、私のアフターケアも必要なしです(笑)。楽っちゃ楽ですね。

母乳の代わりに、これからはもっと積極的にスキンシップをとっていきたいな、と思っています。

トラコミュ 子育てを楽しもう♪

トラコミュ 子供のいる暮らし。

トラコミュ 笑顔になれる子育て

 

ブログランキングに参加中。応援クリック、ありがとうございます♪



バイリンガルに育てている息子の様子はこちら♪

www.kimilondon.co.uk