ロンドンでシンプルに暮らす

ロンドンでシンプルに暮らす

シンプルライフに憧れて。ロンドン在住、アラフォー主婦の日常を綴ったブログです。

【レシピ付き】息子と作ったチョコレートケーキ(・・・バレンタインデーでした)。

せめて2月が終わる前に、今年のバレンタイン・デーに息子とチョコレートケーキを作った記事をアップしておきます。

 

よしケーキ作ろうと思って、焼く型を探したけど見つからない。めったに使わないものなので処分したのか、それともどこかにしまってあるのか。

 

たぶん、処分したんだと思います。急遽使ったタルト用の型も、処分しようと思ってたもの。しなくてよかったわ!

 

サーモミックス様~

 

うちには調理機能の付いたミキサーのThermomixという優秀なマシンがあります。これで一気に生地ができました。

 

まずチョコレートを計って(計量もできる)、ガーっと細かく砕いて、さらに温度調節してチョコレートを溶かすことまでできます。

 

で、あとはバターも溶かして、小麦粉やら砂糖やら卵やらを加えて、またガ―っと混ぜれば生地のできあがり。

 

f:id:duckling2012:20200227212635j:plain

 

息子は材料をボールに入れて、マシンの液晶画面をピッピッと押していく係。

 

オーブンで20分焼いたらできあがりです。

 

f:id:duckling2012:20200227213521j:plain

 

このままでも美味しいけど、ちょっとドライなので、クリームをかけていただきました。

 

f:id:duckling2012:20200227213733j:plain

 

とても1日で食べきれる量ではないので、残りは冷蔵庫で保存。冷えたケーキもしっとりして美味しいんです。

 

さらに、

 

ボールに残った生地に、牛乳を注いでまた加熱調理すると濃厚なホットチョコレートのできあがり~。

 

お菓子作りの苦手な私にも超簡単にできました。

 

イギリスでは男性が女性に

 

花束やチョコレートを贈るのが、バレンタインデーの習わし。一緒にランチやディナーに出かけるカップルも。

 

当日、花束を抱えた男性をちらほら見かけました。そういうのを見ると何故かホッとします。自分まで嬉しくなるというか。

 

イギリス人の夫は、毎年のようにゴディバのチョコレートを買ってきてくれますが、今回はイチゴでした。

 

f:id:duckling2012:20200227214037j:plain

 

これ美味しいけど、イチゴがもう旬じゃないので、なんか微妙(笑)。しかもイチゴをちゃんと洗ってるのか疑いたくなる。

 

来年は、普通のチョコレートでお願いします^^

 

簡単レシピです

 

溶かしたダークチョコレート 250g

溶かしバター 150g

小麦粉 50g

砂糖 150g

塩 ひとつまみ

卵 6個

 

上記材料をミキサーで滑らかになるまで混ぜ(15秒くらい)、180度のオーブンで20分焼く。

 

以上です! 

 

余談ですが

 

Thermomixって日本では普及していないと思います。

 

 

でも中国、台湾、シンガポールとかのアジアでは人気。普通はお店では買えないんですよね。トレーニングを受けた人が実際にデモンストレーションをして、その人から購入するという仕組みです。

 

これ、いわゆるネズミ講です。私の友達が実際に(めっちゃ頑張って)販売しているんですが、彼女が売れば売るほど、何もしていない彼女の「リーダー」なる人に売り上げが入っているそうで。

 

その金額を聞いてびっくり。リーダーさん、ウハウハやん?世の中には色々なビジネスの形態があるものです。